シロアリが人間にとって「害虫」となるのは、その食物のひとつが人間の家を構成する「木材」だから。
シロアリは主に柔らかい木材や、枯れた葉、段ボールなどを好んで食べます。
家に使われている材料が経年して湿気を含んだり柔らかくなっていたりする場合は特にシロアリがつくとあっという間に食べられてしまいます。
その結果、家を支える柱が折れるなどの重大な被害が起きるのです。

 

 

シロアリの被害は建物の外側からは発見が難しいため、
知らないうちに土台や柱など建物の重要なところが食害され、
気付いた時・発見された時には手の施しようもなかった・・・
と、よく聞くシロアリの被害の発見による経緯です。

 

 

シロアリを見たら専門家にすぐ相談!

シロアリは食欲旺盛ですし、群れで行動しているので食害被害はあっという間に進んでいきます。


自己処理用の薬剤も販売されていますが、シロアリの巣は地中深くにあることがほとんどのため、一時しのぎとしてしか役立たないこともあります。


シロアリかもしれないと思ったら、すぐ専門家に相談するのがおすすめです。

  

  

 

被害の実例

 

【床束】

最近の建物には床束そのものがなかったり、あっても金属製やプラスチック製のものが多く使われています。

これらの家ならシロアリの被害を受けないのか?

いいえそうではありません。金属製のものでも表面に蟻道を設け材木部分までたどりつき被害が発生します。

 

【土台】

外基礎断熱や、基礎の化粧モルタル。どちらも共通していることは基礎本体の外側に別の層がくっついているということ。

 それによりできるほんのわずかな隙間でも、シロアリは本能的に見つけ侵入してきます。

 

そのほかトイレや風呂場も非常にシロアリ被害の出やすい場所です

 

シロアリかもしれないと思ったら、すぐ専門家に相談するのがおすすめです。

 

無料床下診断が可能
【シロアリ110番】はこちら↓↓

 

 

施工実績累計10,000件以上!
【総合リフォームサイト リノコ】はこちら↓↓